沿革

1967年   三井不動産の全額出資により千葉共同開発株式会社を設立
1971年   千葉共同開発株式会社に環境部を設置し公共下水道施設の維持管理業務受託
1975年   千葉共同開発株式会社より環境部を分離独立させ第一環境事業株式会社を設立
1991年   第一環境事業株式会社と第一環境プラント株式会社が合併し第一環境株式会社を設立
2000年   浄化装置(ODAS)特許取得
2002年   第一環境株式会社の排水事業を分社し第一環境アクア株式会社を設立
2012年   第一環境株式会社が第一環境アクア株式会社と合併統合
2013年   水処理装置(BCS-MNB)特許取得
2015年   第一環境株式会社の環境事業部門を分社し第一環境アクア株式会社を設立
      水ing株式会社が100%子会社化